iphoneを守るカバーとフィルムについて

ニュース

2014/03/04
包み込むを更新しました
2014/03/04
保護を更新しました

移り変わり

sousasei

携帯電話が一人一台という程にまで普及している現代の日本。その携帯電話に変わって普及し始めているのがiphoneを始めとするスマートフォンである。

このiphoneを始めとするスマートフォンの登場は、それまでの携帯電話の概念を覆したのである。そしてその衝撃の影響と言うのは今も尚、続いており現在では携帯電話を所持している人の半数以上がこのiphoneをはじめとするスマートフォンを利用しているのである。

iphoneを始めとするスマートフォンには、それぞれの利用の目的に合わせてカスタマイズするという事が出来る上、カバーやフィルムを利用する事によって、個性を出すという事も可能となっているのである。

アプリ

iphone等のスマートフォン人気を支えている大きな要因の1つとして、アプリケーションの存在がある。

アプリケーションはアプリという風に呼ばれており、このアプリには様々な物が存在しているのである。天気予報や株価を知るためのアプリであったり、書籍を読む事が出来るアプリ、仕事に役立てられるアプリもあれば、ゲームを遊べるアプリなど、その種類は今も尚、増え続けているのである。

上記のように、アプリはそれぞれに違った機能を持っている。そうしたアプリを、利用者が自由に取捨選択して、スマートフォンに導入する事によって、同じ機種のスマートフォンであっても、全く毛色の違ったスマートフォンになるのである。

操作性

apuri

これまでのフィーチャーフォンとスマートフォンの最大の違いはその操作性にある。

フィーチャーフォンの操作の基本は、数多くあるボタンを利用して行う。それに対して、スマートフォンはボタンの数を最小限に抑え、その代わり電話全面にも及ぶ大きなディスプレイを直接タッチする事によって操作を行なうのである。

画面に直接タッチして行う操作のため、操作系統も非常に簡略化されており、利用者が直感的に利用する事が出来るような作りになっている事も操作性の高さを支える1つの要因と言える。

スマートフォンの操作についても、いくつかの操作手法のみを組み合わせるだけで良いので、覚える事が少ないのである。

画面を1度タッチするタップや、タッチした指を上下左右のいずれかに払うように滑らせるフリック。フリックと似ているが、画面をタッチせずに直接払うスワイプや、二本指でタッチし、指の感覚を広げたり狭めたりする、ピンチインやピンチアウトと言った操作法があったりする。

画面に直接触れる操作以外にも、スマートフォンを直接振るシェイクと言った操作も存在する。このシェイクはスマートフォンに本体の動きを感知するためのセンサーが内蔵されている事によって、出来る操作の1つである。